触手話などで通訳・介助者と意思疎通する盲ろう者たち。新型コロナウイルス禍で生活訓練の場が一時的になくなっている(2018年3月、近江八幡市浅小井町)

触手話などで通訳・介助者と意思疎通する盲ろう者たち。新型コロナウイルス禍で生活訓練の場が一時的になくなっている(2018年3月、近江八幡市浅小井町)

 新型コロナウイルス対策として密接や密閉を避けるため、京都府と滋賀県の手話サークルの多くが活動を休止している。聴覚障害者にとってサークルは新たな手話表現を学ぶだけでなく、生活情報を得る貴重な場にもなっていただけに、当事者たちは「仕方ないが残念。さみしい」と嘆く。耳と目の両方が不自由な「盲ろう者」の孤立を懸念する声も出ている。

 京都市内の手話サークル「みみずく」は4月中旬までに、行政区ごとにある全11支部が活動を休止した。一部で継続を探る動きもあったが、行政による外出自粛要請に伴って会場の公的施設が使えなくなった。
 幼いころに聴力を失った伏見支部の女性(70)=伏見区=は、月6~7回開かれていた手話サークルの場を「宝箱」に例える。「ろうあ者が身近な出来事や経験を語り合える意義は大きい」。聴覚障害者と手話を学ぶ人が支え合う場にもなっており、3月の活動休止前、店でマスクが手に入らないと話題になった際、困っていた仲間にマスクをプレゼントしたこともあったという。
 しかし、この1カ月間以上は「家族以外と手話で話し合えていない。主な情報源のテレビは手話通訳や字幕挿入が不十分なので情報が足りない」と困惑する。
 「盲ろう者」も、いわゆる「情報の壁」に直面している。相手の手話を触る「触手話」などが意思疎通の手段で、専門的な生活訓練を受けないと他者とのコミュニケーションが極めて難しいが、NPO法人「しが盲ろう者友の会」(近江八幡市)は3月、滋賀県内の盲ろう者20人が利用していた歩行や料理などの生活訓練を休止した。「近い距離で接するため利用者の安全を最優先した」と説明する。
 盲ろう者は、新聞やテレビで情報を得ることが難しい上、一人では外出しにくく、以前から孤立の恐れが指摘されてきた。事務局の女性は「自宅や施設に様子をうかがいに行った際、『ストレスがたまる』『やっぱりさみしい』と訴える方がいた。1日も早く終息してほしい」と願う。