【資料写真】東寺の五重塔(京都市南区)

【資料写真】東寺の五重塔(京都市南区)

 京都市南区の真言宗総本山東寺(教王護国寺)は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、22日から当面の間拝観を停止する。

 金堂、講堂、観智院と宝物館の拝観を停止する。25日から5月25日まで予定していた五重塔の特別拝観も中止する。
 同寺によると、有料拝観区域への入場はできないが、参拝者や近隣住民の心身の健康を維持するために門は閉じずに開放するという。