京都市役所

京都市役所

 京都市は20日、新型コロナウイルスに感染した市内の90代女性と70代男性が死亡したと発表した。府内の死者は計5人となった。

 市によると、90代女性は別の病気で1月下旬から堀川病院(上京区)に入院していた。同室の患者が4月4日に発症した後、9日に38度の発熱があり、肺炎と診断。12日に陽性と判明し、20日に死亡した。市は院内感染したとみている。
 70代男性は4月5日に38度の熱を出した後、11日に39度の発熱で入院、肺炎と診断された。12日に陽性と確認され、20日に転院先で死亡した。