エムケイが運営するタクシー

エムケイが運営するタクシー

 タクシー会社エムケイ(京都市南区)は21日、新型コロナウイルス感染症患者の治療に当たる医師や看護師などの病院関係者の通勤を支援するため、同社の車を活用できるよう京都市側と調整していると発表した。

 市内の感染症指定医療機関などにジャンボタクシー1台を無償で提供し、病院関係者の自宅との送迎に活用してもらう。対象は市立病院(中京区)など15施設を目安に検討し、市との協定締結を近く予定する。運転席と後部座席の間に飛沫防止のビニールの幕を設けるなど必要な感染防止策も施すという。

 市での事業が始まれば、大津市や東京都、大阪市、神戸市などでも同様の事業展開を自治体に申し出る方針という。同社は「通勤のストレスを和らげ、最前線での業務に専念いただける助けとなれば幸いです」とコメントしている。