京都検定の自主学習用に公開した過去問題の解説動画

京都検定の自主学習用に公開した過去問題の解説動画

 京都商工会議所は、「京都・観光文化検定試験(京都検定)」の自主学習用に、過去問題を解説する動画の公開を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛が広がる中、自宅にいながら京都の歴史や文化が学べるようにした。

 動画投稿サイト「YouTube」に京都検定では初の公式チャンネルを開設。京都検定の講演会で講師を務める観光企画会社らくたび(京都市中京区)の山村純也社長が、過去に出題された問題を1問取り上げ、5分前後で答えを解説する。
 また、京都観光おもてなし大使の塩原直美さんが執筆した「学習帖(ちょう)落書きコラム」も京都検定のホームページに設けた。「国語」や「理科」などの教科に分類し、京都の歴史人物や物語を取り上げている。
 外出自粛中の期間限定で、いずれも週1本程度、新作を公開する予定。京商は「全国の京都ファンに在宅で学習できる機会を提供したい」としている。