<日曜日のごちそう 森下美津子>


【材料】(作りやすい量)

ゆでたタケノコ    適量
空き瓶    適量(ふたの裏側にパッキンの付いた密閉できるもの)


【作り方】

(1)瓶は熱湯消毒するか、ホワイトリカー等で拭いて消毒する。なるべく隙間を空けずにタケノコを詰める。タケノコが全て浸るまで熱湯を注ぐ。
(2)ふたを軽く閉めて(のせるだけではなく、外れない程度に閉めます)瓶を鍋に並べる。瓶の肩まで水を張り、ふたをして火にかけ、沸騰してから30分ゆでる。トングなどで取り出し、ふたを開けずに一瞬開ける方向に回し、シュッと音がして空気が抜けたら、すぐにきつく閉める。そのまま冷ます。
(3)ふたと瓶の間にコインなど入れれば簡単に開きます。脱気しておけば常温で1年程度日持ちします。


【ワンポイント】

 ビンのふたを閉めるときには軍手を二重にするなどしてやけどしないように気をつけましょう。


◆森下美津子 もりした・みつこ 静岡県浜松市生まれ。インテリアデザインの仕事を経て料理家に転身。2003年から京都市内で、パンや料理の教室「日曜日のごちそう」を主宰、ジャムや焼き菓子制作も手掛ける。右京区在住。http://dimanche.cocotte.jp