滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県の三日月大造知事は23日、休業要請の対象にしているパチンコ店について、県内全店の営業状況を26日に調査する方針を明らかにした。県外ナンバーの車の来店状況などを調べ、今後の対応を検討する。

 大阪府や兵庫県は、休業要請に応じない店の公表を検討しているが、三日月知事は「法律に基づいてどこまでできるのか確かめた上で、次の措置についても検討したい」と述べるにとどめた。
 県遊技業協同組合(大津市)の調査によると、休業要請初日の23日は、県内111店中87店が休業したという。
 26日は県職員が各店の営業・休業を調べた上で、営業している場合は他府県からの越境利用がないか駐車場の利用状況を確認するという。