駐車場の閉鎖予告を看板に貼る関係者(草津市志那町・都市公園湖岸緑地)

駐車場の閉鎖予告を看板に貼る関係者(草津市志那町・都市公園湖岸緑地)

 滋賀県は、新型コロナウイルス感染症対策として、県内10市の主に琵琶湖岸に点在する県営都市公園・自然公園計30カ所の駐車場を24日から5月6日まで一斉閉鎖する。3月以降急増している県外からのレジャー客の流入を抑え、人と人との接触機会を減らす。

 対象は大津、草津、守山、彦根、長浜など10市にある県営都市公園5園と湖岸緑地16地区、自然公園園地9園地。大半が湖岸だが、びわこ文化公園(大津市)など内陸の公園も含む。園内でのバーベキューやキャンプ、遊具の使用も禁止する。散歩、ジョギングなどの一般利用はできる。
 これらの公園では県外客が急増しており、3月~4月中旬の駐車場利用台数が例年の2倍に達していた。大型連休を中心に、3月の3倍の来園が例年ある5月を控え、周辺住民から「県外ナンバーの車が多く止まっている」との懸念の声が県に寄せられたという。
 三日月大造知事は23日、「何もしないと多くの方が来訪する」と述べ、閉鎖に理解を求めた。人が密集する状況が見られた場合は、散歩などの一般利用の抑制も検討する。