消毒用アルコールの品薄が続いている。だが、ドアノブやスイッチなどに付いた新型コロナウイルスの除去は、アルコール以外でも十分可能だ。即戦力は家庭用の塩素系漂白剤。主成分の次亜塩素酸ナトリウムはアルコールと同等の消毒力がある。台所用の合成洗剤も使えそうなことが新たに分かった。

 塩素系漂白剤は、濃度を0・05%に調整して使用する。薄め方は厚生労働省のホームページにも説明がある。金属に使うと腐食するため、仕上げに必ず水拭きを。

 経済産業省は15日、過去の研究から台所用の合成洗剤も有効である可能性が分かったため、確認実験に乗り出すと発表した。国立感染症研究所は、新型コロナと性質が似ているSARSコロナウイルスの消毒法として、1リットルのぬるま湯に5~10ミリリットル程度の洗剤を加えた液に浸したぞうきんで2度拭きするとの目安を示している。新型コロナもこれが参考になりそうだ。