新型コロナウイルスの感染防止には、せっけんと流水での手洗いが有効なのはご存じの通りだが、その実力を示した研究を紹介しよう。

 東京都などのチームが2006年に公表した、手にウイルスを付着させて洗い流す実験の結果によると、流水によるすすぎを15秒間するのみでもウイルス量は100分の1に低下。「せっけんで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐ」を2回繰り返すと100万分の1レベルまで減少した。

 消毒用アルコールがないことを心配する人もいるが、東京医療保健大の菅原えりさ教授は「アルコール消毒はもともと手洗いと同等の効果があるとして認められたものなので、ウイルスは十分除去できる」と説明する。

 アルコール度数が高い酒を手や指の消毒に代用できるとの見解が国から出されたが、通知はあくまで医療機関向け。アルコールは医療現場でも不足しており、日用品を賢く使いたい。