京都府庁

京都府庁

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、京都府の西脇隆俊知事は24日、人出が多いと懸念されているスーパーや商店街に対し、混雑時の入場制限などを求めた。密集解消策として、重症化の危険性が高い高齢者や障害者ら専用の時間帯を設けることなどを呼び掛けている。

 密集解消策ではほかに、買い物かご数の制限や特売・ポイントキャンペーンの中止なども挙げた。利用者に対しては「買い物はなるべくすいている時間帯に最小限の人数で行ってほしい」と促した。

 府は緊急事態宣言を受け、事業者に5月6日までの休業を要請している。生活必需品を販売するスーパーや商店街は要請の対象外で、家族連れらが密集していると問題視されていた。