プロ野球巨人の原辰徳監督らからの寄付について話す東京都の小池百合子知事=24日午後、東京都庁

 プロ野球巨人の原辰徳監督らからの寄付について話す東京都の小池百合子知事=24日午後、東京都庁

 プロ野球巨人は24日、新型コロナウイルス感染の対応にあたる医療従事者への支援などのため、原辰徳監督、阿部慎之助2軍監督、坂本勇人内野手、丸佳浩外野手、菅野智之投手がそれぞれ1千万円ずつ、計5千万円を東京都に寄付し、球団としてマスク4万枚と除菌用クロスなどを寄贈したと発表した。

 原監督は球団広報を通じて「東京に本拠地を置いて86年目。今、東京が大変なことになっている。医療従事者の方に感謝と敬意を込めて贈る」と談話を発表した。

 主将の坂本内野手は「スポーツを楽しめる日が早く戻ることを願っている。治療に携わるみなさんの懸命な働きを応援していこう」と呼び掛けた。