任期満了に伴う滋賀県の草津市議選が1日告示され、定数24を2人上回る26人が立候補した。8日に投開票が行われる。

 立候補したのは現職16人、元職2人、新人8人。党派別では自民1人、公明2人、国民民主1人、共産3人で、無所属は19人。女性は前回選挙より1人多い4人となった。

 各候補者は選挙カーで市内を巡って名前や公約をアピールし、街頭演説を行った。子育て支援策の充実や防災対策強化、農業振興、地域コミュニティー活性化などを市政の課題に挙げて支持を訴えている。

 投票は8日午前7時~午後8時に市内38カ所で行われる。期日前投票所は市役所、市民交流プラザ(野路1丁目)、エイスクエア(西渋川1丁目)、イオンモール草津(新浜町)で2~7日、立命館大びわこ・くさつキャンパス(野路東1丁目)で5、6日に設置される。8月31日現在の選挙人名簿登録者数は10万8207人。