五条大橋近くにオープンした「オリエンタルホテル京都 ギャラリー」(京都市東山区)

五条大橋近くにオープンした「オリエンタルホテル京都 ギャラリー」(京都市東山区)

鴨川に臨む角部屋のコーナースイート

鴨川に臨む角部屋のコーナースイート

 ホテル運営を手掛けるホテルマネージメントジャパン(東京)は2日、京都市東山区に「オリエンタルホテル京都 ギャラリー」をオープンした。7階建てで延べ4615平方メートル、150室。

 京阪清水五条駅近くの五条通沿いで、観光客を中心に当初は6割程度は訪日客の利用を想定する。

 同ブランドは京都初進出で、土地柄を生かして伝統工芸、文化の展示や体験を行う。9月末からは金継ぎ作品の展示販売や体験、10月末からは京都写真協会の協力で写真展を開催する。

 朝食レストランを備え、客室の内訳はツイン128室、ダブル10室など。料金は1室1万~2万円程度。柿原宏幸支配人は「ホテルが少ないエリアに先駆けて出店できたのは大きい。今後五条周辺をけん引する存在になりたい」と話している。同ブランドは11月にも下京区に166室のホテルをオープンする予定。