十字形洋剣(藤栄神社所蔵)=滋賀県甲賀市教育委員会提供

十字形洋剣(藤栄神社所蔵)=滋賀県甲賀市教育委員会提供

 滋賀県甲賀市水口町の藤栄神社に伝わる十字形洋剣「水口レイピア」が、約400年前にヨーロッパ製のレイピア(細形洋剣)をモデルに国内で制作されていたことが分かった。水口歴史民俗資料館(同市)などが共同研究成果を3日の国際博物館会議(ICOM)京都大会で発表する。

 国内に現存する唯一のレイピアで、アジアでもその存在は知られていない。関係者は「時の権力者が南蛮人から入手し、好奇心から複製を作らせたという東西文化交流の一つの在り方を示す希有な事例」としている。

 十字形洋剣は、戦国武将加藤嘉明が豊臣秀吉から拝領したとの伝承がある。嘉明を水口藩主加藤氏の祖として祭る同神社が所蔵し、1987年に同資料館に寄託された。

 共同研究は東京文化財研究所の小林公治氏ら国内外の専門家グループが6年前から実施。その結果、17世紀前半のレイピアを基に国内の技術を結集して制作された精巧な模造品とみられることなどが判明した。

 ICOMセッションで研究成果を小林氏と共同発表する同資料館の永井晃子主査は「地域で大切に守られてきた宝物の価値が国際会議で発表されることは市民の誇りにもつながる」と話す。十字形洋剣は同資料館で来年1月29日までスポット展示している。入館有料。