従来の倍近い抹茶を使った「濃厚抹茶ソフト」(和束町園・中尾園茶舗)

従来の倍近い抹茶を使った「濃厚抹茶ソフト」(和束町園・中尾園茶舗)

石寺の茶畑をモチーフにしたかき氷「~まるで茶畑~茶源郷濃茶氷」

石寺の茶畑をモチーフにしたかき氷「~まるで茶畑~茶源郷濃茶氷」

 京都府和束町で茶を生産、販売する老舗「中尾園茶舗」(同町園)が今年、特産の茶を使った新メニューを次々と開発している。幅広い世代をターゲットにした商品から個性的な一品までを用意し、茶の特産地をアピールする。

 今年販売を始めたのが「濃厚抹茶ソフト」(400円)。ちまたに溢れる抹茶スイーツの中で、個性を際立たせようと、「採算は度外視」して従来の倍近い抹茶を使用した。抹茶の風味が濃厚で、甘みの後から茶の苦みを感じ、さっぱりとした味わいに仕上がっている。11月上旬までの期間限定で販売する。

 また、和束町の代表的な景観である石寺の茶畑をモチーフにしたかき氷「~まるで茶畑~茶源郷濃茶氷」(850円)も考案。「かぼちゃのほうじ茶煮」「抹茶そば」など9品全てに茶を使い、和束産の米や野菜にもこだわった「茶源郷 和束茶づくし弁当」(千円、要予約で3個から注文可)も用意した。

 代表の中尾貴信さん(44)は「和束は空気がきれいで、茶はもちろん、米も野菜もおいしい。足を運んでもらうきっかけになれば」と期待する。中尾園茶舗0774(78)3630。