滋賀県警守山署

滋賀県警守山署

 滋賀県警守山署は3日、保護責任者遺棄致死の疑いで滋賀県守山市の介護職員の女(27)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月13日午後10時55分ごろ、自宅寝室で出産した男児が呼吸困難な状況であるにもかかわらず、救護措置などの対応をせず窒息死させた疑い。

 同署によると、同居の父親が14日午後0時ごろ、娘から出産した男児が動いていないと聞いて、警察に通報し、駆けつけた守山署員がタオルに包まれた男児を発見した。司法解剖の結果、出産は妊娠約40週目で、死亡推定時刻は14日午前1時ごろという。

 調べに対し、女は「(出産直後は)息をしていたが、弱っていて泣き声はなかった」などと容疑を認めているという。