自然染織家伊豆蔵明彦さんの作品が並ぶ展示会(京都市下京区・千藤)

自然染織家伊豆蔵明彦さんの作品が並ぶ展示会(京都市下京区・千藤)

 京都市右京区の自然染織家伊豆蔵明彦さんの展示会が、下京区堀川通花屋町上ル左女牛ビル2階の呉服製造卸・千藤の本社ギャラリーで4日から開かれる。まゆで作られたオブジェや新作の帯が並ぶ。

 伊豆蔵さんは家業の西陣織の帯屋を経営しながら染織を研究。太陽や雨水の力で草木から色を引き出す染めなどに取り組んできた。現在は作家活動に専念し、世界各地の美術館で展覧会を開いている。

 展示会では新作の帯「絡帛帯(らくはくおび)」15点を発表する。まゆを広げて重ねる技法で作った帯で、軽く、和紙のような質感が特徴。同じ素材を組んで作る帯飾りや、ショールなどの小物も並べる。まゆで作った茶室や球体のオブジェもあり、自然と共生する染織作品を体感できる。無料。午前10時~午後5時半。8日まで。