セットをテークアウトして鴨川のほとりで野だてを楽しむ様子(京都市上京区)

セットをテークアウトして鴨川のほとりで野だてを楽しむ様子(京都市上京区)

抹茶や湯、茶せん、茶器、茶菓子などが一式そろった「野点ピクニックセット」

抹茶や湯、茶せん、茶器、茶菓子などが一式そろった「野点ピクニックセット」

 京都府和束町で茶を生産、販売する農業法人「D―matcha(ディーマッチャ)」が、同町で開くカフェの2号店「d:matcha Kyoto Cafe&Picnic」を京都市上京区河原町通今出川上ルに開いた。鴨川に近い立地を生かし、テークアウトメニュー「野点ピクニックセット」を用意。抹茶を点てる道具を一式そろえ、野外で和束茶を楽しんでもらう。

 2号店は通称「鴨川デルタ」から徒歩5分ほどの立地を生かし、野外で茶を楽しんでもらえるテークアウト商品を多く用意する。

 野点ピクニックセット(1人2千円)は、抹茶や湯、茶せん、野だて用の茶器、茶菓子のクッキー、日本語と英語で茶の点て方を紹介したシートなどをセットにした。店内でスタッフから茶の点て方を教わった後、道具を1時間半借りて、鴨川の河川敷など好きな場所で野だてを楽しんでもらう。夏の暑い季節に合った「水出し煎茶ピクニックセット」(1人千円)もある。

 店の近くには出町桝形商店街などもあり、好きな食べ物を買って茶と一緒に楽しむこともできる。スタッフの芝山菜月さん(30)は「ハードルが高いと思われがちな野だてを、ロケーションと共に気軽に楽しんでもらいたい」と話している。

 同店では和束茶を使ったドリンクやスイーツを店内でも楽しめるほか、煎茶や紅茶、ブレンド茶など約20種の和束茶も販売している。営業時間は正午~午後5時。水、木曜休み。