安倍内閣は28日の持ち回り閣議に合わせ、安倍晋三首相と全閣僚らの給与の一部を5月から1年間、国庫に返納すると申し合わせた。国会議員の歳費削減に合わせ、1人年間約311万円とする。菅義偉官房長官が記者会見で発表した。新型コロナウイルス感染症の影響で国民生活が打撃を受けている状況を踏まえた。

 首相は30%、閣僚は20%の月額給与と期末手当を以前から返納しており、今回分が追加される。

 国会議員の歳費を削減する改正法が27日に成立したことを受け、足並みをそろえた。副大臣、政務官、首相補佐官も同様の措置を取る。