合同公演「都の賑い」で華やかな舞を披露する五花街の舞妓たち(2018年、京都市左京区・ロームシアター京都)

合同公演「都の賑い」で華やかな舞を披露する五花街の舞妓たち(2018年、京都市左京区・ロームシアター京都)

 京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)は28日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、6月27、28日に南座(京都市東山区)で開催予定の五花街合同公演「都の賑(にぎわ)い」を中止すると発表した。

 公演は1994年に開始以来、五花街の舞踊を一度に楽しめる場として親しまれていた。中止は初めて。おおきに財団は「事態の収束が見通せず、安心して鑑賞していただくことは困難と判断した」としている。チケットの払い戻しなど問い合わせは同財団075(561)3901。