トライフルは、あり合わせの材料で作ることができるイギリス発祥(はっしょう)のスイーツです。ケーキ作りなどで余(あま)ったスポンジケーキを使うことが一般(いっぱん)的ですが、今回はカステラを使用しました。
 私(わたし)たちは、成長期に必要なカルシウムを摂取(せっしゅ)できるおやつを考えました。このトライフルは牛乳(ぎゅうにゅう)、ヨーグルト、クリームチーズなどカルシウムの多い食材を使っています。また、クリームを2種類にすることでおいしさが二度楽しめるようにしました。

京都光華(こうか)女子大・健康栄養学科

〈作り方〉
 【準備(じゅんび)】クリームチーズを常温(じょうおん)に戻(もど)す
1.カステラを一口大に切りバットに並(なら)べ、牛乳をかけてカステラにしみこませる
2.ボウルの中でクリームチーズとヨーグルトと砂糖を混(ま)ぜ合わせ、ヨーグルトチーズクリームを作る
3.ミルクチョコレートは刻み、ボウルに入れ湯せんにかけて溶かし、あら熱をとる
4.3に生クリームを5回に分け加えてゴムベラで混ぜ、ハンドミキサーであわ立ててチョコクリームを作る(ワンポイント(1))

生クリームは少しずつ加え、丁寧(ていねい)に混ぜることでムラの無いチョコクリームを作ることができます


5.りんごとバナナを薄(うす)切りにする(ワンポイント(2))

まずりんごを8等分に切り、芯(しん)を取ります。1~2ミリの厚(あつ)さで薄(うす)切りにすることで、トライフルの食感のアクセントになります


6.ヨーグルトチーズクリーム、チョコクリーム、カステラ、りんご、バナナをそれぞれ好きな順番で重ねる
7.アーモンドスライスを散らし、ココアパウダーをふる

〈材料 2個(こ)分〉
・カステラ 50グラム
・牛乳 大さじ2
・りんご 1/8個
・バナナ 1/2本

Aチョコクリーム
・ミルクチョコレート 20グラム
・生クリーム 50ミリリットル

Bヨーグルトチーズクリーム
・クリームチーズ 36グラム
・ヨーグルト(無糖(むとう)) 60グラム
・砂糖(さとう) 大さじ1

・ココアパウダー 適(てき)量
・ア-モンドスライス 適量

〈道具〉
包丁、まな板、ハンドミキサー、ボウル、バット、ゴムベラ、はかり、計量スプーン

 材料を重ねるだけで簡単{かんたん}に美味しいケーキができます。お好みのフルーツなどを加えてアレンジしても楽しいです。バレンタインにもおすすめなので、ぜひ作ってみてください。(健康栄養学科管理栄養士専攻 桑島ゼミ)

 今回は、京都光華女子大の健康栄養学科4年生の私たちが担当{たんとう}しました。講義{こうぎ}で栄養学に関する内容{ないよう}を学びながら、給食実習では調理技術{ぎじゅつ}を磨{みが}き、管理栄養士が必要とされる現場{げんば}で活躍{かつやく}できる人材を目指しています。私たちのゼミでは、カルシウムの必要量を満たすにはどのような方法があるのかを、レシピ考案を通して研究しています。

京都新聞ジュニアタイムズ 2020年2月2日付紙面から