NHK連続テレビ小説「エール」で作曲家・小山田耕三役を演じる志村けんさん

 NHK連続テレビ小説「エール」で作曲家・小山田耕三役を演じる志村けんさん

 新型コロナウイルス感染症による肺炎で3月29日に死去した志村けんさんが、生前に収録したNHK連続テレビ小説「エール」の場面が、5月1日に放送される。志村さんは作曲家・小山田耕三役で登場する。

 公開された場面写真の志村さんは、眼鏡をかけて口ひげを生やしている。日本を代表する西洋音楽の作曲家として、窪田正孝さん演じる主人公古山裕一の将来に重要な役割を果たす役どころ。志村さんは体調を崩す前に収録しており、翌週以降も登場するという。

 「エール」は、福島県生まれの作曲家古関裕而さんの生涯を基にした物語。