稲盛財団(金澤しのぶ理事長)は28日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で公演中止を余儀なくされた舞台芸術団体や楽団などに対し、総額3億円の支援をすると発表した。活動の継続や新たな作品の創作、公演準備のための資金として役立ててもらう。

 対象は舞台公演やコンサートといった「実演芸術」を主に行い、法人格を持つ団体やプロダクション、企画制作会社など。3、4月に公演の自粛や公演依頼のキャンセルで500万円以上の損失が生じたことが申請の要件となる。支援は1千万円が10件、500万円が40件を予定する。
 5月17日まで募集する。支援の実施に協力している日本芸能実演家団体協議会(東京都)などが審査し、6月上旬に支援金を交付する。申請方法や詳細は稲盛財団のホームページから。