営業を休止した「ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ」(28日午後9時、大津市萱野浦)

営業を休止した「ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ」(28日午後9時、大津市萱野浦)

 「ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ」(大津市萱野浦)は28日、営業を休止した。信用調査会社の東京商工リサーチ滋賀支店によると、運営会社ロイヤルオークリゾート(同)も同日事業停止した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で業績が悪化したためとみられる。滋賀県内でコロナ関連の事業停止が明らかになるのは初めて。

 同支店によると、ホテルは1990年5月に開業した。バブル崩壊で業績が落ち込み、当時の運営会社が経営破綻したが、2003年7月から同リゾートが事業を再開した。客室数167室で、西日本最大級のスパがあり、14年3月期には31億2200万円を売り上げていた。
 その後、京都市内でホテル開業が相次いだことなどから競合が激化。業績が悪化する中、コロナの影響で宴会やレストラン、宿泊の利用客が激減し、事業継続を断念したとみられる。負債額は不明。