衆院予算委で答弁のために挙手する安倍首相=29日午前

 衆院予算委で答弁のために挙手する安倍首相=29日午前

 安倍晋三首相は29日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う休校長期化を巡り、導入議論がある9月入学制に関し「これくらい大きな変化がある中では、前広にさまざまな選択肢を検討したい」との見解を示した。ただ慎重論があることにも言及した。新型コロナ特措法を改正する必要があるとの主張には「今の対応や法制で十分に終息が見込まれないのであれば、当然、新たな対応も考えなければならない」と述べ、否定しなかった。

 質疑後、2020年度補正予算案は全会一致で可決。29日午後に衆院本会議でも可決され、衆院を通過した。続いて参院予算委での質疑が予定されている。