近畿日本鉄道によると、5日午後7時26分ごろ、近鉄京都線十条駅(京都市南区)と上鳥羽口駅(伏見区)の間で、電気系統の異常を示すランプが点灯したため普通電車が停止。点検のため、京都-向島間で上下線の運転を見合わせた。約1時間後に運転を再開した。