ピーチ・ジョンが販売を中止した「ラブポーション」

ピーチ・ジョンが販売を中止した「ラブポーション」

 下着大手ワコールホールディングス(京都市南区)の子会社ピーチ・ジョン(東京都)は9日、健康補助食品「ラブポーション」の広告が不適切だったとして謝罪し、販売を中止すると発表した。

 商品は「情熱的な感情を呼び起こす」などとPRするサプリメント。ピーチ・ジョンのウェブサイトで「こっそり飲ませる。お料理やお菓子にこっそり色仕掛け」などとうたっていたことから、ネット上で「犯罪をあおっている」などと批判が集まっていた。

 同社は「商品説明と広告表現に不適切な表現があった。お客さまに不快な思いをおかけし、大変申し訳ございません」と謝罪した。健康被害などは出ていないという。