発熱やせきなど感染症の症状がある家族の衣類はどうやって洗濯したらいいか。新型コロナウイルスはもちろん、他の感染症の拡大予防にも役立つ注意点を厚生労働省などの資料からまとめた。

 まず衣類や布団、シーツ類は患者専用にし、家族とは共有しないことが大前提。新型コロナウイルスは、せきのしぶきや鼻水などに含まれ、寝具などに付着する恐れがあるからだが、正しいやり方で洗濯すれば、ウイルスは除去できる。

 洗濯する人は、マスク、手袋とエプロンを着用したい。洗濯前には衣類などをばさばさと振らないこと。ウイルスを拡散させないためだ。洗濯は家庭用洗剤で通常通りにする。洗濯表示の上限温度で洗えばなおよい。

 患者が吐いた物など体液が付いたものは80度の湯に10分以上浸し、消毒してから洗濯機へ。洗濯後は完全に乾燥させる。

 洗濯が終わったら、せっけんで手を洗おう。