11月にオープンする丹後王国のアンテナショップ「丹後七姫殿(仮称)」の完成予想図

11月にオープンする丹後王国のアンテナショップ「丹後七姫殿(仮称)」の完成予想図

 西日本最大級の道の駅「丹後王国『食のみやこ』」(京都府京丹後市弥栄町)を運営するパソナ子会社の「丹後王国」(同)は5日、丹後の食や観光情報を発信するアンテナショップを錦市場商店街(京都市中京区)に11月に開設すると発表した。商店街で購入した食品を食べられるイートインスペースも設け、商店街で課題となっている食べ歩きの解決も目指す。

 アンテナショップ「丹後七姫殿(仮称)」は、創業約400年の老舗寿司(すし)屋「伊豫又(いよまた)」(中京区錦小路通麸屋町西入ル)を改装して開設する。延べ約200平方メートルで、1階は伊豫又の鯖寿司や押し寿司に加え、丹後地域の農産物や海産物、クラフトビール、地酒などの特産品を販売。炉端焼きや揚げ物も提供する。2階は約60席のイートインスペースと丹後地域の観光情報の発信拠点にする。観光客ら年間10万人の集客を目指す。

 記者会見した丹後王国の中川正樹社長は「国内外の方に丹後の食や文化、観光を発信したい」と抱負を述べた。京都錦市場商店街振興組合の宇津克美理事長は「錦の食材を食べ歩きではなく、イートインで楽しんでもらえる場ができたのは喜びだ」と話した。