守山署

守山署

 滋賀県警守山署は30日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、守山市、会社員の男(50)を逮捕した。

 逮捕容疑は30日午前10時半ごろ、守山市小島町で、酒気帯び状態で乗用車を運転した疑い。
 同署によると、近くの野洲市内で車3台が絡む玉突き事故があり、同署員が前方のへこんだ車を発見。運転していた容疑者の呼気から基準値の約5倍のアルコールが検知されたという。
 事故現場から乗用車1台が逃走しており、同署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いでも調べる。