伊吹山の自然や動物をテーマにした早川さんの作品展(米原市春照・伊吹薬草の里文化センター)

伊吹山の自然や動物をテーマにした早川さんの作品展(米原市春照・伊吹薬草の里文化センター)

 滋賀県米原市曲谷の切り絵作家早川鉄兵さん(36)の作品展が伊吹薬草の里文化センター(同市春照)で開かれている。伊吹山周辺の豊かな自然や動物をテーマにした約30点が来場者を魅了している。

 薄暗くした会場には、今年のえとのイノシシのほか、クマ、シカ、サルなど同山に生息する動物の切り絵を貼り付けた和紙のふすま(縦約1・8メートル、横約12メートル)や、ビワマスやアユ、フナをデザインしたあんどんなどが置かれている。作品の内側から出る赤や青色の光が幻想的な雰囲気を醸し出している。

 このほか、伊吹山の神の化身となったイノシシが、ヤマトタケルと戦った神話をモチーフにした切り絵をガラスの壁面などに貼った作品もある。

 14日まで(無休)。入場無料。同センター0749(58)0105。