今冬一番の冷え込みとなり、防火用バケツに張った樹氷のような氷(10日午前9時、京都市北区紫竹)

今冬一番の冷え込みとなり、防火用バケツに張った樹氷のような氷(10日午前9時、京都市北区紫竹)

 放射冷却の影響で、京都府内は10日朝、今冬一番の冷え込みとなった。各地で今季最低を更新し、京都市では最低気温が初の氷点下を観測。市内の民家ではバケツに氷が張り、冬の朝の鈍い光に照らされた。

 京都地方気象台によると、この日朝は雲が少なく、地表付近が冷える放射冷却現象が起きた。京都市では最低気温が平年より2・3度低い氷点下0・9度を観測。京田辺市も平年を4・2度下回る氷点下4・7度となった。

 京都市北区紫竹では庭先に置かれた防火用バケツに樹氷のような氷が張った。通りには手袋をして白い息を吐きながら行き交う人が見られた。冷え込みは11日まで続き、いったん緩むものの15日ごろから再び冷え込む見込み。