笠置町役場

笠置町役場

 京都府笠置町のまちづくり事業を巡り、町内の団体などが虚偽の実績報告書を提出して国の補助金を受け取っていた問題で、町は1日、書類の提出に関与したとして、男性職員(49)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。
 町によると、男性職員は当時、企画観光課長補佐として事業を担当。団体などを指導監督する立場にありながら、虚偽の実績を報告する書類の提出に関わったという。男性職員は4月1日付で、係長級に降格した。