バス停移設を機に、瓦屋根の待合スペースが整備された「一条戻橋・晴明神社前」停留所(京都市上京区)

バス停移設を機に、瓦屋根の待合スペースが整備された「一条戻橋・晴明神社前」停留所(京都市上京区)

 京都市上京区の晴明神社前にある「一条戻橋・晴明神社前」の北行きバス停に、このほど瓦屋根を使った待合スペースが完成した。神社前へのバス停移設を機に、景観に配慮したデザインに生まれ変わった。

 これまで同バス停は神社前から約100メートル南側にあった。付近に駐車場の出入り口があり、交通局は2年前、客の安全確保を目的に、神社側に移設を打診。その際、交通局と神社で待合スペースを共同で整備することになった。
 スペースは4月28日に完成し、高さ3・5メートル、幅7メートルの鉄骨造。屋根には瓦を配し、周辺景観との調和を図った。市交通局は「神社に多額の負担をいただき、京都にふさわしいバス停ができた」としている。