ブルーライトを浴びて、暗夜に浮かぶ福知山城天守閣(京都府福知山市内記)

ブルーライトを浴びて、暗夜に浮かぶ福知山城天守閣(京都府福知山市内記)

 新型コロナウイルスによる患者に寄り添う医療従事者らに感謝の気持ちを伝えるブルーライトアップが、福知山城(京都府福知山市内記)で行われている。

 建物を青い光で照らし出す取り組みで、英国で3月ごろに始まり、世界各地に広がっている。福知山城では投光器や発光ダイオード(LED)を使い、天守閣や石垣などを青く染めている。
 「医薬品の販売などすべての関係者に感謝を伝え、市民に感染防止を呼び掛けたい」と市や福知山青年会議所が企画した。
 福知山城天守閣は31日まで休館中で、登城坂も31日まで閉鎖されている。ライトアップは日没から午後10時まで。31日まで続けられる。