京アニ事件死傷者の年代別内訳

京アニ事件死傷者の年代別内訳

 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、35人が死亡、34人が重軽傷を負った事件で、当時建物内にいた生存者35人のうち、20人以上が手足の骨折や重い打撲など、やけど以外のけがを負っていたことが6日、関係者への取材で分かった。炎や煙から逃れるため、高所から飛び降りるなどしたのが原因とみられ、事件当時の切迫した状況があらためて浮き彫りとなった。

 京都府警は同日、生存者35人の年齢や性別を公表した。けがを負ったのは21~53歳の男女34人で、7割超の26人が20~30代の若手だった。40代は6人、50代は2人だった。1階にいた40代の男性にけがはなかった。女性7人が現在も入院中で、うち4人は重体という。

 関係者によると、負傷した34人のうち、20人以上の従業員が手足の骨折や重い打撲、頭部外傷など、やけど以外のけがを負っていた。大半が2階や3階フロアに在席していたとみられ、2階ベランダなど高所から飛び降りた人も少なくないという。

 また、府警は同日、全身やけどを負って大阪府内の病院に入院している青葉真司容疑者(41)=殺人や殺人未遂などの疑いで逮捕状=の容体が、重篤な状態を脱したことを明かした。集中治療室(ICU)で治療を受けているが、呼び掛けにうなずくなど、簡単な意思表示ができるまで回復しているという。ただ、会話はできず、皮膚移植などの治療を継続する必要があり、依然として逮捕のめどは立っていないという。

 府警は、事件発生から一定期間が過ぎたことを考慮し、青葉容疑者の容体について、遺族らへの説明を始めている。

 事件は7月18日午前10時半ごろに発生。青葉容疑者が第1スタジオ1階でガソリンをまき、放火したとされ、20~60代の男女計69人が死傷した。