個人情報の誤掲載について、記者会見で謝罪する愛知県の吉田宏保健医療局長(左)ら=5日午後、愛知県庁

 個人情報の誤掲載について、記者会見で謝罪する愛知県の吉田宏保健医療局長(左)ら=5日午後、愛知県庁

 愛知県庁

 愛知県庁

 愛知県は5日、新型コロナウイルス感染者の入院先などの個人情報を県のウェブサイトに一時、誤って掲載したと発表した。4日までの県内感染者490人全員の情報で、うち396人分は氏名も含んでいた。

 県によると、5日午前9時半ごろから同10時15分ごろの間、ウェブサイトで閲覧できる状態になっていた。閲覧者から指摘があり、ミスが判明した。サイトの閲覧数は重複を除き362件あったが、県は現時点で転載などの二次利用は確認していないとしている。

 掲載された個人情報は患者の氏名のほか、入院先の医療機関名、入退院の日付、クラスターの分類など。県は今後ダブルチェックを徹底する。