京都府の対策本部会議で発言する西脇知事(中央)=5日、京都市上京区・府庁

京都府の対策本部会議で発言する西脇知事(中央)=5日、京都市上京区・府庁

 政府が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を延長したことを受け、京都府は5日の対策本部会議で、外出自粛要請や民間事業者への休業要請などの緊急事態措置を今月31日まで現状のまま継続することを決めた。今月中旬には感染状況などを踏まえ、一部緩和などの見直しも検討する。

 西脇隆俊知事は記者会見で「感染者数は減少に転じているものの、十分なレベルには達していない。このタイミングで要請を緩めてしまうと皆さんの頑張りが水の泡になる」と述べ、理解を求めた。
 緊急事態措置の見直しでは、府内の感染状況のほか、医療提供体制や政府の動向を参考に一部の休業施設の再開可否を探る。
 府立学校は31日まで休校としているが、感染予防に配慮しつつ、可能な地域から段階的な学校活動の再開を検討するという。
 京都市もこの日対策本部会議を開き、市バスと市営地下鉄の運休・減便や施設の臨時休業を31日まで延長すると決めた。今月中旬に見直しを検討する。