高々と打ち上げられ、夜空を彩った花火(近江八幡市田中江町)

高々と打ち上げられ、夜空を彩った花火(近江八幡市田中江町)

高々と打ち上げられ、夜空を彩った花火(近江八幡市田中江町)

高々と打ち上げられ、夜空を彩った花火(近江八幡市田中江町)

 「こどもの日」の5日夜、新型コロナウイルスの早期終息を願い、医療従事者への感謝を表す21発の打ち上げ花火が、滋賀県近江八幡市の夜空を彩った。地域の住民らが家のベランダから観賞し、「きれいだね」などと歓声を上げた。

 京都市の花火会社に勤め、毎年恒例の「びわ湖大花火大会」などをプロデュースする花火師前田智則さん(40)=野洲市=が、コロナ対策で自粛生活を続ける人々をひとときでも笑顔にしたいと企画。学生時代にアルバイトをした近江八幡市の花火会社「田中江煙火製造所」に打ち上げを依頼した。
 「3密」を避けるため、事前に地域住民や友人に告知し、それぞれの家から楽しんでもらう形にした。
 午後7時半、近江八幡市田中江町の田んぼで、約2分間で21発を打ち上げた。夜空に開いたのは、ボタンや菊の花、子どもたちに笑顔になってほしいと願いを込めたスマイルマークの花火。医療従事者への感謝を表す「ブルーライトアップ」をテーマにした青色の花火で締めくくった。
 前田さんによると、今夏はコロナの影響で、各地での打ち上げ機会が減る見通し。自身の会社も2月下旬から、花火大会や結婚式での打ち上げのキャンセルが相次いだ。
 前田さんは「子どもの歓声が聞こえてうれしかった。打ち上げ花火がもっと身近なものになってほしい」と笑顔で語った。