日本自動車連盟(JAF)京都支部は2日から、京都府南部の12市町村を巡る「お茶の京都ドライブスタンプラリー」を企画し、参加を呼び掛けている。11月10日まで。

 ドライブを楽しんでもらい、地域の活性化につなげるのが狙い。宇治市の萬福寺や京田辺市の普賢寺ふれあいの駅、和束町の和束茶カフェや精華町のけいはんな記念公園などを、事前に登録したスマートフォンを持って訪れ、スタンプを集める。

 6個以上集めると抽選で名産がもらえる。個数が多いほど応募できる商品数が増える。

 参加はJAFのドライブスタンプラリーのホームページから。非会員でも参加できる。サービスセンター0570(00)2811。