後部座席との間に装備された感染防止のためのシート(京都市下京区)

後部座席との間に装備された感染防止のためのシート(京都市下京区)

 地場タクシー大手の彌榮自動車(京都市下京区)は、新型コロナウイルスの感染を防止して安心して乗ってもらおうと、グループ全体のタクシーに運転席と後部座席を仕切る透明のシートの装備を進めている。

 シートは車内の天井から乗員の肩ほどの高さまでを覆い、乗員間の飛沫(ひまつ)感染のリスクを下げることを目的とする。現在はグループの大半の約1200台に装着されている。
 感染拡大防止のための外出自粛でタクシー需要は激減しており、同社は現在、車両の稼働率を落として営業している。同社は「この状況でも外出が必要な人がいる。乗客と乗員双方の安全に配慮しながら営業したい」としている。