京都市役所

京都市役所

 京都市は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、病院や福祉施設、家庭内での集団感染を防ぐため、感染者との接触者は症状の有無に関わらずPCR検査を行う独自の新基準を示した。検査対象を拡大してクラスター(感染者集団)の発生を抑止する。

 市はこれまで国基準を参考に感染者の同居人や看護、介護をしていた人などを濃厚接触者として位置付けた上で、発熱やせきなど症状がない段階でのPCR検査は一部を除き実施してこなかった。

 新基準では、病院や福祉施設で感染者が1人でも出た場合、接触の可能性がある人は医師が判断した上で症状の有無を問わず検査する。家庭の場合は同居する家族と、接触した親族が対象。事業所でも同様の対応を取るが、従業員の職場環境や規模を考慮する。

 また、検査結果が一度陰性となっても発症前の可能性があるため、検査を複数回行う。新基準について発表した門川大作市長は「市中感染は収まってきたが、病院や高齢者施設、家庭内の感染を防がないと、感染症の終息にならない」と話した。