京都市役所

京都市役所

 京都府内の台湾出身者らでつくる中華民国留日京都華僑総会(京都市上京区)が8日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、京都市に医療用防護服を225枚寄付した。府にも後日、300枚を寄付する。

 この日、同会の魏禧之(ぎよしゆき)会長らが市役所を訪れて門川大作市長に手渡した。魏会長は「台湾と日本の親交の絆として、患者の治療に努力されている病院で使ってもらいたい」と話した。市は今後、防護服が必要な医療機関に配布する。