衛藤晟一消費者行政担当相は8日の閣議後記者会見で、全国民に10万円を配る「特別定額給付金」に便乗した詐欺などに関する相談が、5月1~7日のゴールデンウイーク期間中に計466件あったと明らかにした。「心配があれば国民生活センターのフリーダイヤル(0120)213188に、ぜひ相談を」と呼び掛けている。

センターは「国や自治体がサイトでマイナンバーの写真を送らせて個人情報を求めたり、手数料の振り込みや現金自動預払機(ATM)の操作を求めたりすることはない」と注意喚起した。