滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は8日、4月に新型コロナウイルスに感染し、すでに退院していた大津市の40代会社員女性が、PCR検査で再び陽性となったと発表した。県内で再陽性の確認は2人目。

 女性は4月14日に感染が分かり入院。30日に退院したが、今月7日にせきが出るようになり、帰国者・接触者外来を受診し、再び陽性反応が出た。県によると、女性は退院後、自宅で過ごしていたといい、体内にウイルスが残っていたとみられる。
 県内の感染確認は97人のまま。