災害時の署機能の移転に備え、書類などを運ぶ訓練を行う署員(八幡署)

災害時の署機能の移転に備え、書類などを運ぶ訓練を行う署員(八幡署)

 京都府警八幡署はこのほど、地震や大雨などの複合災害に備えた警察署の機能移転訓練を行った。

 訓練では、機動隊レスキュー指導員が、署員に土砂災害の仕組みや安全に救助活動を行うポイントを説明。けが人を片手で背負うこつや応急担架の作り方などを解説し、「署が浸水する可能性も考えてほしい」と求めた。

 その後、建物が使えなくなった場合を想定し、留置人を近隣の署へ移送する訓練を実施。署機能の移転で協定を結ぶ摂南大の枚方キャンパス(八幡市、大阪府枚方市)に向け、書類などをバスに積み込む手順を確認した。