白い花を咲かせるギンリョウソウ(長浜市)=北川甫さん撮影

白い花を咲かせるギンリョウソウ(長浜市)=北川甫さん撮影

 葉緑素を持たない珍しい植物ギンリョウソウ(銀竜草)を、滋賀県長浜市南高田町の北川甫(はじめ)さん(79)が自宅近くの里山で見つけた。

 滋賀県東近江市の「河辺いきものの森」によると、ギンリョウソウは光合成せず根に住む菌から養分を吸収する腐生植物。北川さんはほぼ毎日、約8キロのウオーキングを5年ほど前から続けているが、ギンリョウソウを見かけたのは初めてという。

 半透明の白色で高さ10センチほど、直径1センチの花を咲かせていた。北川さんは「こんなに白い植物もあるんですね」と驚いていた。