任期満了に伴う京都府長岡京市長選は13日に投票され、即日開票される。共産党乙訓地区委員長の堀川圭太氏(41)=共産党推薦=と、現職の中小路健吾氏(45)=自民党、立憲民主党、国民民主党、公明党推薦=の2人が、ともに無所属で立候補している。大勢判明は午後10時半ごろの見通し。

 堀川候補は、道の駅的施設の計画を撤回、市役所庁舎建て替えと阪急長岡天神駅周辺整備の各規模を縮小し、それらの財源で福祉施策の拡充を主張する。待機児童の解消に向けては、市としての保育所増設の検討を掲げる。中小路候補は、市役所庁舎立て替え計画では利便性の向上や複数施設の統合による経費節減が実現できると訴える。市立中学の給食の実現や障がい者基本条例の制定など1期4年の実績から、市政の継続に支持を求める。

 京都府内では今年最初の選挙で、地元選出の国会議員も応援に入り、今春の統一地方選を見据えた選挙戦を展開している。5日現在の有権者数は、6万7029人(男性3万2117人、女性3万4912人)。