東近江署

東近江署

 滋賀県立八日市南高(東近江市春日町)は11日、同校で生産した子牛を家畜市場に出荷する業務を委託していた畜産業者に、取引代金の一部14万9千円をだまし取られたとして、滋賀県警東近江署に被害届を出した。業者は事実関係を認め、既に全額を弁済したという。

 同校は2018年から、愛荘町の畜産業者に子牛の競りを委託。19年6月の競りから落札不調が続いたため、不審に思った学校側が伝票の提示を求めたところ、適正な額で落札されていたにも関わらず、落札不調として安い金額を同校へ支払っていたことが分かった。業者は落札された2頭の差額分の詐取を認め、11月に弁済。その後、同校が警察に相談していた。